FXの取り扱い業者は現在200社を超えるといわれています。
その中にはデイトレードに向いている業者があります。
ここではデイトレード向き業者の紹介とデイトレ向き業者が良い理由を紹介します。

デイトレード向きの業者

MJ

MJは、スプレッドがドル円1銭固定で、他の通貨ペアも基本的に低スプレッドで取引コストを重視するデイトレには向いてるFX業者です。
好評なチャート分析と豊富な注文方法で少しの値幅を狙いにいける数少ない業者です。
通過ペアが豊富でレバレッジも高い事もあって口座開設してない方は少ないのではないでしょうか。

クリック証券

クリック証券はサーバーが安定していて、重要指標が発表される時や相場が荒れてる時でもサーバーが安定してて取引出来ます。
スプレッドがドル円0銭でポンド円が2銭です。
レートをダブルクリックするだけで注文可能とシンプルなところも特徴です。

ヒロセ通商

ヒロセ通商のHirose-FX2は、手数料も無料になり、元々スプレッドは1銭からだったので取引コストが低くてサブの口座として使用出来ます。
ヒロセ通商には1000通貨単位で取引可能なLION FXなど資金に合わせてコースを選べるのも特徴です。

AFT-FX

AFT-FXは、デイトレードするなら絶対口座開設しておいたほうが良いくらいのFX業者でしょう。
普段のトレードは、ほぼAFTで行なっていますし、AFTでは、世界のトップディーラーであるGFTによるオンライン為替トレードのAFTダイレクトトレードが使用できる事が最大の魅力です。

外為どっとコム

外為どっとコムは、情報量が圧倒的で口座開設するだけで、デイリーレポートやオンラインセミナーなど色んなメリットがあります。

FXプライム

FXプライムは、サブ口座に向いています。FXプライムをサブにするのはサーバーが安定していて、重要指標が発表される時や相場が荒れてる時でも全然重くならないからです。
しかもスプレッドが広がったりしないので確実な取引が可能で、資金を預けるようにしてます。リスクヘッジのためにも口座開設しておくことをおすすめします。

デイトレ向き業者が良い理由

低スプレッド

重要指標発表時の広がりなどを考えると、固定制の方が若干有利です。

約定力の高さとスリッページの少なさ

最高水準の約定力とスリッページを求めると、スプレッドが2銭以上の会社しか存在しないため、ここでは低スプレッドの業者にのみ限って比較しています。

注文ツールが使いやすい

チャートや情報ツールに関しては、別の業者を使えばいいので条件に加えていません。

キャンペーンが豊富

取引回数が多くなるデイトレードでは、取引高キャンペーンやスプレッド縮小キャンペーンあるかないかでは、最終的な利益や損失が大きく変わってきます。

会社選びで頭に入れておくこと

FXでデイトレするならコストを抑えることは重要です。
デイトレの場合、一般的に取引回数が多くなりますので1回の取引毎に発生する取引費用が重要です。

1回あたりの取引費用(手数料、スプレッド)×取引回数=通算の取引費用

コスト以上に重要なのは、サーバーが強く、発注がやりやすいところです。
指標発表時、相場が荒れた時でもスムーズに取引できるのが理想といえるでしょう。

[PR] 「みんなのFX」でFX取引をはじめよう
[PR] バイナリーオプションの業者を比較して始めよう!
[PR] 電力の自由化って?そんな疑問にエネチョイスが回答!
[PR] FX初心者必見のブログ「FX投資家・メイの逆張り相場ブログ」